クラブメッツ
クラブメッツ
トップへ戻る
問い合わせ・予約
クラブメッツ



クラブメッツの開催イベント、ツアーの中から選りすぐりのイベント報告をご紹介いたします。
皆様もイベントツアーにはお気軽にご参加くださいね!!参加もレポートもお待ちしています。
10 ページ目を表示 / 13ページ (合計:125件)
≪ 前のページ    5678910111213    次のページ ≫
茶道サークルイベント 秋の「名残の茶会」:10/23(土)
茶道倶楽部が発足し3年目を迎えた今回は、戦国武将「前田慶次郎」を茶会のテーマにして、茶席から懐石、お酒にいたるまで全員で知恵を絞ったアイディアあふれる様々な仕掛けをゲストの皆様に楽しんで頂きました。
八ヶ岳ふれあいまつり:10/2〜3(土・日)
今年も260名強という沢山のお客様をお迎えして、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳にて創業40周年を祝う様々なイベントが催されました。夜の懇親パーティでは勇壮な太鼓の演奏やご馳走の数々を堪能し、翌日はゴルフコンペ・バスハイクやハイキングツアーなど思い思いの楽しい一日を過ごされました。
第55回ほのぼのゴルフ 蓼科大会:9/17(金)
今回プレーした「三井の森蓼科ゴルフ倶楽部」は、まるで海外のリゾートゴルフ場のように美しいコースで、皆様プレーはもちろんのこと爽やかな秋空に映える雄大な景色も楽しんでいらっしゃいました。
地酒祭り 秋の陣:9/12(日)
全国40の蔵元から選りすぐりの地酒が集まる「地酒祭り」に行ってきました。入り口で試飲用のお猪口を渡され、いよいよ大混雑の会場へ出陣です。日頃飲めない大吟醸や珍しいお酒を存分に楽しみ全員千鳥足で会場を後にしました。
7/18 房総ダイビングで マンボウと泳いできました!!
昨年夏のイベントで、残念ながらマンボウと対面できなかったリベンジダイビングとして再び挑戦し、今回は見事念願を果たしてきました。今年は大小7匹ものマンボウが保護されているとのことで、期待を胸にボートにて沖合いの保護生簀へ潜水。新鮮なイカをひらひらさせると約1mから2m近くの巨大なマンボウが餌をめがけて寄ってきます。予想以上の大きさにびっくり!なでたり一緒に泳いだりと可愛い大きな瞳やキュートな泳ぎ方にみんなのハートを鷲づかみ!もう一箇所のエリアは海底に大鳥居と神社がある面白いポイントで、人懐こい大コブダイや小魚を捕食中のイソギンチャク、まるでクモのようなオルトマンワラエビ、ネコザメや松かさに似た模様のマツカサウオなど、様々なめずらしい魚達に出会えた大満足のひと時でした。
6/11〜12 絵画サークル清里ツアー 緑鮮やかな初夏の清里を満喫してきました。
「絵画の会」では、初心者ながらも絵を描くことが好きなメンバー同士が集まり、毎月都内施設にてスケッチや勉強会を開催していますが、今回はホテル直行送迎バスを利用して清里高原ホテルへスケッチ旅行に出かけてきました。晴天に浮かぶ雲、若葉広がる牧場、そして彼方に望むアルプス連山ののどかで雄大な風景はまるで時が止まった様に感じられ、都会暮らしの私達の心までじんわりと癒してくれます。それぞれ思い思いの場所に画材をひろげ早速スケッチ開始。自然の香りやそよ風を感じながらのスケッチで、皆さんの絵筆も軽快に進みます。ときおり子供たちやギャラリーに励まされながら、おのおの素敵な作品が完成。ホテルでは講師の片倉先生のご指導を受けながらお互いの作品の講評などそれぞれの良いところを学びあい、また、夕食の懇親会でも大いに交流を楽しんだ充実の2日間でした。絵画の会の参加に経験は全く不問です。絵が好きな仲間同士交流しながら楽しく絵を描きますので、皆様もお気軽にご参加下さいね。
春のイベント報告
たくさんのご参加ありがとうございました!!
安曇野春祭り報告
4月18日、新緑の季節を迎えたホテルアンビエント安曇野にて、レストラン・ル・プラトー自慢の「スカイガーデンテラス」のオープニングと、「地球の自然と緑を守るエコ活動」の一環として、始めての“春祭り”が開催されました。また安曇野近郊の花の名所を巡り春を満喫する1泊2日のバスツアーも同時開催され、東京と名古屋からも、沢山の会員様にご参加をいただきました。

出発当日、東京の天候は傘もさせぬ程の「豪雨」、気温は真冬なみの寒さです。集合された皆様のお顔も寒さのせいかちょっぴりブルーな雰囲気で出発。

ところが、車窓から富士山が見え始めた頃にはすっかり雨もやみ、気温もグングン上昇、最初の見学地「伊那梅園」に降り立つ頃には、園内でお弁当を広げランチを楽しむ姿も見受けられるほどの好天に早代わり。皆さん新鮮な空気と梅の香をゆったりと楽しんでいらっしゃいました。

次は本日のメイン「天下第一の高遠桜」を見学です。桜の見頃も今週が最後とあって、高遠への道はお花見渋滞が予想されます。唯一の救いは、朝方の悪天候の影響で午前中高遠城址公園が閉園していたため、観光客の出足が減っていたこと。おかげで渋滞も半減で、これぞ「災い転じて福となす」です。薄桃色の高遠桜はちょうど満開を迎え、風の流れに花吹雪が舞い、水面には花いかだと、まさに“天下一”息をのむ美しさです。2時間たっぷりと桜の園を満喫してホテルへ向かいます。

ホテルでは季節の幸を取り入れた夕食を満喫し、温泉で疲れを癒して皆様のんびりおくつろぎモード。そんな中、ホテルの裏側は明日の「春祭り」の準備で大わらわ!!何しろ記念すべき第一回目のイベントです、ご来場の皆様に粗相無く楽しんで頂けますようにスタッフは上を下にと駆け巡り準備は深夜まで続きます。

いよいよ当日、スタッフの願いが天に届き、お天気は爽やかな晴天です。

オープニングセレモニーの後、様々なイベントがタイムリーに繰り広げられ沢山のお客様で賑わいます。地元の方々による屋台では、旬の野菜販売やお蕎麦を使ったフードコーナー、地酒の利き酒などなど沢山の催しが行われ、地元とホテルとが連携して来訪者を楽しませてくれます。広場では餅つき大会や豚汁の振舞いが時間ごとに行われ、出来たてを食べようと子供達やお客様が列を作ります。館内でもロビーコンサート、スイーツブッフェ、ハンドエステなどが催され、こちらには女性陣が長い列を作っていらっしゃいました。

そして、メインイベントは珍しいスイスの楽器アルプホルンの演奏です。ひと昔前、チョコレートのコマーシャルで有名になったあの音色です。観客も初めて見る演奏に興味津々。本場スイスの山々を髣髴とさせる音色は、日本のアルプス連山にもよくこだまします。演奏の途中では、観客から希望者を募り、ホルンの演奏にチャレンジ。さすがに簡単には音は出ませんが、挑戦者は皆さんぜひ一度吹いてみたかった!という“つわもの”ばかりで、予想以上に早く音を出すテクニックをマスターし奏者を驚かせていました。

ランチタイムでは、地元名物トロサーモン丼や蕎麦打ち名人による打ちたてのざる蕎麦など安曇野ならではの美味しさを満喫します。こうして楽しいひとときはあっという間に過ぎ去り、午後2時の閉会式をもってお開きとなりました。帰りのバスでは沢山の思い出とお土産話に花を咲かせ、渋滞中は「安曇野クイズ」で盛り上がりながら東京への帰路につきました。後日、車中のクイズ大会で優勝なさったご婦人から感動と喜びのお電話を頂戴しました。今回のツアーにはご夫婦で参加されたのですが、実はその日がお二人の結婚記念日で、偶然にもバスクイズの優勝賞品が素敵なペアグラスだったためにとても嬉しく感動なさったとのこと。一生懸命作った問題で幸せの輪が広がり、私達スタッフまで喜びのお裾分けを頂きました。出発当日、東京の天候は傘もさせぬ程の「豪雨」、気温は真冬なみの寒さです。集合された皆様のお顔も寒さのせいかちょっぴりブルーな雰囲気で出発。

ところが、車窓から富士山が見え始めた頃にはすっかり雨もやみ、気温もグングン上昇、最初の見学地「伊那梅園」に降り立つ頃には、園内でお弁当を広げランチを楽しむ姿も見受けられるほどの好天に早代わり。皆さん新鮮な空気と梅の香をゆったりと楽しんでいらっしゃいました。

次は本日のメイン「天下第一の高遠桜」を見学です。桜の見頃も今週が最後とあって、高遠への道はお花見渋滞が予想されます。唯一の救いは、朝方の悪天候の影響で午前中高遠城址公園が閉園していたため、観光客の出足が減っていたこと。おかげで渋滞も半減で、これぞ「災い転じて福となす」です。薄桃色の高遠桜はちょうど満開を迎え、風の流れに花吹雪が舞い、水面には花いかだと、まさに“天下一”息をのむ美しさです。2時間たっぷりと桜の園を満喫してホテルへ向かいます。

ホテルでは季節の幸を取り入れた夕食を満喫し、温泉で疲れを癒して皆様のんびりおくつろぎモード。そんな中、ホテルの裏側は明日の「春祭り」の準備で大わらわ!!何しろ記念すべき第一回目のイベントです、ご来場の皆様に粗相無く楽しんで頂けますようにスタッフは上を下にと駆け巡り準備は深夜まで続きます。

いよいよ当日、スタッフの願いが天に届き、お天気は爽やかな晴天です。

オープニングセレモニーの後、様々なイベントがタイムリーに繰り広げられ沢山のお客様で賑わいます。地元の方々による屋台では、旬の野菜販売やお蕎麦を使ったフードコーナー、地酒の利き酒などなど沢山の催しが行われ、地元とホテルとが連携して来訪者を楽しませてくれます。広場では餅つき大会や豚汁の振舞いが時間ごとに行われ、出来たてを食べようと子供達やお客様が列を作ります。館内でもロビーコンサート、スイーツブッフェ、ハンドエステなどが催され、こちらには女性陣が長い列を作っていらっしゃいました。

そして、メインイベントは珍しいスイスの楽器アルプホルンの演奏です。ひと昔前、チョコレートのコマーシャルで有名になったあの音色です。観客も初めて見る演奏に興味津々。本場スイスの山々を髣髴とさせる音色は、日本のアルプス連山にもよくこだまします。演奏の途中では、観客から希望者を募り、ホルンの演奏にチャレンジ。さすがに簡単には音は出ませんが、挑戦者は皆さんぜひ一度吹いてみたかった!という“つわもの”ばかりで、予想以上に早く音を出すテクニックをマスターし奏者を驚かせていました。

ランチタイムでは、地元名物トロサーモン丼や蕎麦打ち名人による打ちたてのざる蕎麦など安曇野ならではの美味しさを満喫します。こうして楽しいひとときはあっという間に過ぎ去り、午後2時の閉会式をもってお開きとなりました。帰りのバスでは沢山の思い出とお土産話に花を咲かせ、渋滞中は「安曇野クイズ」で盛り上がりながら東京への帰路につきました。後日、車中のクイズ大会で優勝なさったご婦人から感動と喜びのお電話を頂戴しました。今回のツアーにはご夫婦で参加されたのですが、実はその日がお二人の結婚記念日で、偶然にもバスクイズの優勝賞品が素敵なペアグラスだったためにとても嬉しく感動なさったとのこと。一生懸命作った問題で幸せの輪が広がり、私達スタッフまで喜びのお裾分けを頂きました。
北海道ツアーに参加しました。:会員 大桃 公樹 様
2010年1月29日から3日間北海道スキーツアーに参加しました。 体力作りと健康の為、スキーは、最高のスポーツと考え、冬は、マイスキー持参で、各種のツアーに参加してます。 今年のメッツ北海道ツアーは、札幌ステイで、1日目マウントイレースイ、2日目ルスツ、3日目テイネでした。 スキー場までのバスの移動中は、持参したノートパソコンを使い、スキーレッスンのDVDや、今は亡きマイケルのDVDなどを 観ながら時間を有効に使いました。 各スキー場とも晴天に恵まれ、寒くもなく雪は、さらさら。快適でした。 参加者の皆様のレベルは、入門から上級と様々でしたが、それぞれマイペースで楽しく過ごされた様子。 夜のレストランでは、偶然出会った札幌のアイドルたちと意気投合し、メッツの仲間達と共に 大いに盛り上がった楽しい夜を過ごしました。  
伊豆高原に泊まる伊豆海洋公園ダイビング:2009年7月11日~12日
気温は28度でも海底水温は14度、その分驚くほど透明度が良くナント20m以上も見渡せる最高のコンディションでした。

≪ 前のページ    5678910111213    次のページ ≫