クラブメッツ
クラブメッツ
トップへ戻る
問い合わせ・予約
クラブメッツ



クラブメッツの開催イベント、ツアーの中から選りすぐりのイベント報告をご紹介いたします。
皆様もイベントツアーにはお気軽にご参加くださいね!!参加もレポートもお待ちしています。
4 ページ目を表示 / 13ページ (合計:130件)
≪ 前のページ    12345678    次のページ ≫
手前味噌づくり体験:3/9
2月に開催予定であった「手前みそ作り」イベントが、豪雪の影響で3月9日に延期開催されました。手前味噌は、制作してから約1年近くじっくりと自然のままに熟成させる必要があるのですが、ちょうど1年前に作った味噌が食べごろとなり、その美味しさに魅了されて、また今年も来年の分を仕込みましょうということになるわけです。まずは、千葉県内産の大豆を使い塩や麹を混ぜながら全員で協力して仕込みます。味噌だまと呼ばれるお団子状態まで仕込み必要な分量を自分の桶に詰めて終了です。ちょうど春まっ盛りで、会場の谷当工房の回りには「ふきのとう」や「しいたけ」などがたくさん芽を出しており、好きなだけ取ってOKとのご厚意に甘えしっかりと収穫まで楽しんだ一日でした。
セグウェイでプレーする春のクラブメッツゴルフコンペ:3/16
今回のメッツゴルフコンペは、春真っ盛りの取手ゴルフクラブにて、今話題の一人乗り電動二輪車「セグウェイ」に乗りながらラウンドを楽しんできました。まずはスタート前に「セグウェイ」の操縦方法のレッスンを受け、ひとりで動かせるようになったらラウンドのスタートです。1~2ホールまでは、操縦に夢中になり、プレーに気合いが入りませんが、慣れてくると打ったボールのすぐ横までセグウェイでラクラク行けますので、がぜん楽しくなってきます。皆様アトラクション気分でプレーを続け、後半は好スコアーにて終了した盛り上がりの一日でした。
セグウェイ体験 森林散策ツアー:4/23・27
セグウェイシリーズパートⅡは、ゴルフをなさらない皆様にも体験していただくために、広大な森林公園内を約2時間半かけてゆっくりとセグウェイツーリングをお楽しみいただくツアーを2日間にわたり開催しました。ゴルフのセグウェイよりも小ぶりなタイヤの機種で、まずは操縦方法のレクチャーを30分ほどかけて行います。男女ともすぐに乗れるようになり、皆さん我が足のように動かし始めます。ガイドの先生のOKが出るとツアーの出発です。桜にチューリップとさまざまな花が咲く美しい森林公園の中を、アップダウンを苦にもせずに軽快に走ります。途中のバラ園では、紅茶とケーキのティータイム、操縦の楽しさとさわやかな森の空気に癒されながらのあっという間の2時間半のツアーでした。
富岡製糸場とこんにゃく博物館ガトーフェスタハラダ ラスク工場見学日帰りバスツアー:5/11
GW明けの日曜日、数週間前に世界文化遺産登録決定の報道に沸いたばかりの富岡製糸場と近隣工場を訪問する、まさに旬のエリアを巡る日帰りバスツアーを開催しました。当日は比較的道路も空いておりスムーズに到着、まずは約140年前の姿を残す赤煉瓦工場に感動!!ボランティアガイドの丁寧な説明を聞きながら、広大な敷地内をめぐるうちにいつしか心は明治の激動の時代に思いをはせます。すべての建物が当時日本には無かった西洋建築の最高レベルの工法で造られ、さらに日本人の緻密な職人技術と融合した強固でありながらも「ハイカラ」な建築様式は歴史の深さを感じられるひと時でした。午後からは群馬の特産巡りで「こんにゃく博物館」と「銘菓ハラダのラスク」の両工場を訪問し、数十種類のこんにゃく料理のバイキングやラスクのお買い物などを満喫、最後に「達磨」で有名な高崎観音に寄り道拝観して大人の社会科見学を無事終了しました。
北海道パート2 ガリンコ号体験:2/28-3/2
今年2度目の北海道スキーツアーのメインイベントは、流氷砕氷船「ガリンコ号」に乗船する札幌発日帰りバスツアーでした。バスに乗ること約5時間、北海道の半分を縦断しながら最果ての地紋別まで移動します。お昼頃ガリンコ号乗船ターミナルに到着し、早速乗船。BUT、ここ数日の強風の影響で、流氷郡は約25㎞先へ流されて残念ながら見ることはできないとのアナウンス…でも、海岸付近に漂着した厚く張りつめた氷の海をガリガリと割りながら砕氷船が進むだけで、本物の流氷とただの氷結との区別すら付かない流氷初体験の私達には十分に模擬体験となり大満足でした! 帰りに立ち寄ったお土産店で生きたクリオネが3匹1,000円で金魚売りしていたのにはちょっとびっくり!! のプチ旅行でした。
JAL整備工場見学:2/23
個人ではなかなか訪れるチャンスの少ない人気イベント「JAL整備工場見学」に行ってきました。新整備工場駅に降りたつと直ぐに滑走路を走る巨大なジエット機が目に入ってきます。その迫力満点の光景に気分はすでに最高潮、早速入口のセキュリティゲートを通過し見学フロアーへ。ここでは様々な航空機の歴史が展示され、パイロットやアテンダントの衣装体験や誘導シミュレーションゲームなど航空機ファンならこれだけでも十分に楽しめます。30分程度の座学の後、いよいよ整備場内へ入場です。この日は4機の機体がメンテナンスを受けており、1機は巨大な測定器に機体を載せ重量測定中、正確を期するため風さえも遮断して作業するそうです。もう1機は、機体をまるごとCTスキャンされるとのことで、病院のレントゲン室前で見かける放射能マークの札があちらこちらに下げられ、まるで人間ドックのよう。エンジン部に整備士が入り細部にわたり点検する姿を目の当たりにして想像以上に安全な乗り物であることを確信した一日でした。
北海道富良野スキーツアー:1/25-28
ウインタースポーツ好きの皆様なら、やっぱり北海道の雪が一番とおっしゃることでしょう。今回はメンバーの皆様と富良野に出かけ、思う存分アスピリンスノーを満喫して頂きました。今年の富良野は例年に無く暖かく、日中は快適にスキー三昧、夜はホテルエリアに併設されたアイスビレッジに出かけ、アイスバーでウォッカに挑戦されたり、甘酒でほっこりされるなど、東京では出来ない体験を楽しんでいらっしゃるようでした。そして夜は恒例の大パーティ。今年もメッツグループはBINGOで大奮闘し、たくさんの商品をGET! 最終日はドラマ「やさしい時間」で人気となったコーヒーハウス「森の時計」にも立ち寄り、美味しいコーヒーとランチで盛りだくさんの富良野の旅を締めくくりました。
九重部屋 朝稽古見学&ちゃんこ鍋:1/19
相撲ファンなら一度は見てみたい相撲部屋の朝稽古、今回は現役時代ウルフの名前で親しまれた九重部屋を訪ねました。玄関を入ると、中から激しくぶつかり合う大きな音が響いてきます。これまで賑やかだった参加者の皆さんも緊張感を察してかシーンと静まり、行儀よく稽古風景を見守ります。私達の目前では、九重親方が力士の皆さんを叱咤激励しながら厳しく指導します。体中から汗の湯気を立たせながら、しなやかに、力強く立会いを行う姿は、美しき格闘技という雰囲気でちょっと感動。稽古の後はお食事タイム、まず初めに出てきたのが「験担ぎのトンカツ」です。さすが勝負の世界!と私達を唸らせる一品でした。もちろん、若手力士が作ってくださったちゃんこ鍋もまた絶品でした。
メッツ新年会:1/13
今年の新年会は少し変わった嗜好で楽しみましょうと、銀座にある「砂漠の薔薇」にて開催しました。ここは、イタリアンコースのディナーをいただきながら、様々なショーを楽しめるレストランで、私達が訪れた日はアメリカで人気のポールダンスショーが観られるとあって皆様大張り切り! 席もショーポールの目の前に陣取り、ベストポジションで美しくもセクシーなダンスを存分に楽しみました。またショーの合間には、韓国のイケメンマジシャンによるカードマジックも披露され、その鮮やかな手つきに皆さん釘付け! 美味しいお料理と楽しいショーをダブルで楽しめ、さらにメンバーの皆さんの笑顔いっぱいの幸先よい新年のイベントスタートとなりました。
TDL30周年メモリアルラリー:10/6
開園30周年を迎えた東京ディズニーランドにて、この秋もクラブメッツ恒例の「TDLラリー」を開催しました。シーズンロケーションイベントでの開催のため、参加費がグーンとお得なお値段で参加できるため、毎回人気のイベントなのですが、今回もお一人チャレンジャーからカップルでのご参加、そして親子揃ってのファミリー参加など、たくさんの皆様にご参加をいただきました。ちょうどハロウィンシーズンと重なり、園内は大きなカボチャだらけでしたが、皆さん広い園内を所狭しと問題の答えを探索し、今回も200点満点中総合優勝は167点と高得点の成績で、見事、小学生&中学生姉妹の斎川ファミリーチームが有終の美を飾りました。

≪ 前のページ    12345678    次のページ ≫